オリジナルTシャツQ&A

オリジナルTシャツQ&A

ここでは、オリジナルTシャツによくある質問について紹介していきます。

 

Q1.プリントする商品って持ち込めるの?

B品が発生した場合は交換ができないというところが多いですので、持ち込み商品に
オリジナルプリントをしてくれるところは少ないです。
もちろんしてくれるところもありますので、どうしても持ち込み商品にプリントしてもら
いたい場合は、根気よく探してみましょう。

 

Q2.プリントできる大きさはどれくらい?

一般的な版使用の場合は、縦45cm×横40cmまでの大きさのプリントができます。
それ以上、大きいプリントをしたい場合は、特大版やインクジェットプリントで対応する
ことになります。また、シルクスクリーンプリントの場合は、凹凸が大きい部分には
きれいにプリント出来ませんので、気を付けて下さいね。

 

Q3. 水性インクと油性インクの違いってなに?

水性インクの特徴は、柔らかい風合いと軽い感じのプリントに仕上がります。 水性
だから、乾燥後は消えやすい訳では全くありませんので安心して下さいね。
油性インクの特徴は、アメリカでおもに使用されていることが多いですね。また、水性
インクに比べて細かいデザインをすることができます。乾燥の方法としては、高温
乾燥というものになります。

 

Q4. プリント前に仕上がりのイメージってできる?

制作進行を行う前に、仕上がりのイメージをメールなどで送ってくれる業者が大半
ですので、事前に出来るかどうかを確認しておきましょう。

 

Q5.どんなデザインでもプリント出来るの?

著作権・商標権に触れるてしまうものや、公共良俗に良くないデザインの場合は
どこの業者さんもお断りしています。どうしても確認したい場合は一度問い合わせて
みて下さいね。

 

Q6.一度プリントしたものを再度発注できる?

基本的にはどこの業者さんでも追加注文できます。プリントに使用する版は作成して
から 6ヶ月~1年間保管している場合が多いです。また、値段に関しても2プリント代
のみで良くなる場合が多いですので、最初に発注した際よりも安くなります。
保管期間、値段に関しましては業者さんによって違いますので、必ず事前に確認して
下さいね。

 

Q7. 商品説明でよくみるoz(オンス)ってなに?

oz(オンス)とは生地の重たさを表す単位になります。このオンスが大きくなっていくほど
厚地の生地ということになります。 Tシャツで例えますと、6オンス以上の商品が一般的
にヘビーウェイトTシャツと呼ばれています。4オンス台の商品は薄いTシャツとして扱わ
れています。市販で売られているものがこの4オンス台のTシャツになります。
もちろん、オンスが低い物の方が単価も安くなりますが、せっかくオリジナルTシャツを
作成しますので、長く愛用したい場合は、それなりの生地を選ぶことをおすすめします。

 

Q8.早急に必要な場合は対応してくれるの?

オリジナルTシャツの納期期間の平均は10日間になります。しかしなかには、どうして
も早急に必要な方もいらっしゃいますよね。もちろん、次の日納品は無理ですが、だい
たいの業者さんは、4日間くらいで対応してくれます。
ただし、早期納品の別途料金がどこも発生してきますので、事前にしっかり確認して
下さいね。

 

Q9.プリントって洗っても落ちない?

もちろんプリントを洗っても落ちません。しかし長年愛用していると薄くなったり、割れ
てきたりはしてきます。プリントをいつまでも良い状態に保つためにも、日々の洗濯
や保管方法はとても大切といえますね。洗濯の際には必ず、ネットに入れて裏返し
陰干しが基本です。この時にハンガーは使用しないこと!
保管の際にもハンガーは使用せず、たたんで保管して下さいね。
これだけのことで、Tシャツの寿命がとてものびます。

 

Q10.生地見本は送ってくれるの?

業者さんによって変わってきます。生地見本や商品サンプルがあるところの方が
良心的で安心な業者さんの場合が多いとえます。事前に電話などで確認してみて
下さいね。

 

おすすめWEBサイト 5選

無料相談もできる!東京で離婚問題に強い弁護士(法律事務所)を紹介!

2018/8/20 更新

  Copyright (C) Let's make T-shirt.  All Rights Reserved.